二つの申請方法

後遺障害の申請には、事前申請と被害者申請の二つのパターンがあります。事前申請の場合には、後遺障害の認定の為の書類作成から申請までをすべて加害者側の担当者に異存する事になります。意見書など余計な書類を付加される可能性があるなど、後遺障害に認定される可能性は少し少なくなってしまっております。

申請二つ目の申請方法は、被害者申請になります。被害者の方が自力で申請する方法で、保険の特約などで示談交渉などが入っていないような場合には、書類集めから書類の作成までを自力で行わなければいけません。非常に面倒な作業が多かったり、専門的な知識が必要となる部分が多くなっておりますので素人の方の場合にはとっても大変です。書類の不備であったり、記入した内容によっては事前申請よりも認定確率が低くなってしまう可能性があります。

最も後遺障害認定の可能性が高いのは、交通事故を得意としている弁護士に一任してしまう方法になります。どのように書類を作成したら後遺障害の認定確率が高くなるのかを熟知している弁護士に依頼する事によって、後遺障害に認定される確率は非常に高くなりますし、専門的な知識を調べたり、面倒な書類集めや書類作成などの業務から手を引く事ができますので、費用対効果が高くなっております。

関連HP〔交通事故被害者救済サイト


後遺障害の申請方法

後遺障害の申請をする際には症状固定の状態である必要があります。症状固定とは、怪我をした日から適切に治療を続けていったけれども、ある一定の状態から改善する事がないような状態の事を言います。逆にその状態から極端に悪くならない状態でもありますので、日常的にその症状で固定されるような場合になります。

症状固定症状が固定されていない状態では、後遺障害の申請をしようと思っても、痛みが将来的に改善される可能性もありますので申請する事ができません。症状固定の時期については、怪我の大きさや怪我をした部位などにもよりますが、基本的には医師の判断に従うようになります。

担当医の方に症状固定と言われたら、後遺障害診断書を書いてもらいます。後遺障害認定所は色々なホームページからダウンロードする事ができますのでプリントアウトするか、保険会社にプリントアウトした物を送ってもらい持参します。

後遺症の状態や部位などにもよりますが、一般的には申請してから二週間程度で発行されるケースが多くなっております。この場合に、自分で取りに行くのか、それとも相手の保険会社の所に直接送られるのかをしっかりと確認しておく事が重要になります。自分で直接取りに行く場合には、完成次第病院から電話で連絡されます。


弁護士に依頼する

弁護士交通事故で後遺症が残った場合には、間違いなく弁護士に相談するのをおすすめします。弁護士の方の中には交通事故を専門とまではいいませんが得意にしている方が多くいらっしゃいます。そういった方に依頼する事によって、後遺障害の認定を受ける事ができ、支払われる慰謝料や遺失利益などを増やす事ができます。

基本的に相手の加害者が入っている任意保険の会社とのやりとりは、個人で行う事にあります。専門的な知識のない素人の方が、事故のショックであったり、怪我が治りたての本調子でない状態で交渉を行うというのは、どう考えても不利になります。しかし、弁護士の方に依頼する事によって、すべてお任せする事ができますし、面倒な後遺障害認定に関する書類も全てお任せする事ができてしまいます。

確かに弁護士に支払う金額は高くなってしまう可能性もありますが、それでもトータルで受け取る金額を弁護士に依頼する場合としなかった場合を単純に比較した場合には、やはり弁護士に依頼した方がトータルで得る事ができる金額というのは高くなる傾向があります。特に加害者側の任意保険の担当者が示談交渉の際に、相場よりもかなり低い金額を提示してきた場合などでは、間違いなく増額しますのでお得です続いては、後遺障害の申請方法について説明します。


交通事故で後遺症

交通事故は人間同士がぶつかったような物とは違い、スピードが出ている鉄の塊がぶつかりますので、どうしても被害が大きくなります。自損事故といって壁や電信柱にぶつかってしまった場合でも、スピードによっては車は廃車になってしまいますし、最悪の場合にはドライバーや同乗者が死んでしまうような可能性があります。

交通事故もちろん車がぶつかるのは車が相手とは限りません。車とバイクがぶつかる可能性もありますし、車と自転車、車と歩行者など色々なシチュエーションが考えられます。これらの場合、車よりも守備力が弱いので大けがに繋がりやすいといった問題があります。

車が絡んだ交通事故の場合には、かなりの確率で大けがに繋がり、入院が必要になってしまいます。骨折などは治療期間が長くかかりますし、怪我をした場所が悪いと麻痺などが残ってしまったり、患部を切断しなければいけないような状態になってしまいます

交通事故は、そのような後遺症が残る可能性のある恐ろしい物です。交通事故がきっかけで歩けなくなってしまったり、目が見えなくなってしまったり、両手が切断されてしまったりといった後遺症が残ってしまう可能性があります。後遺症が残ったような場合には、遺失利益や慰謝料が高目に設定されております。しかし、後遺症が残った事を認定してもらうためには色々な手続きであったり、専門的な知識が必要な部分がでてきます。そこでこちらのページでは、交通事故の被害で後遺症が残った場合の対処方法などについての情報をご紹介していきます。