二つの申請方法

後遺障害の申請には、事前申請と被害者申請の二つのパターンがあります。事前申請の場合には、後遺障害の認定の為の書類作成から申請までをすべて加害者側の担当者に異存する事になります。意見書など余計な書類を付加される可能性があるなど、後遺障害に認定される可能性は少し少なくなってしまっております。

申請二つ目の申請方法は、被害者申請になります。被害者の方が自力で申請する方法で、保険の特約などで示談交渉などが入っていないような場合には、書類集めから書類の作成までを自力で行わなければいけません。非常に面倒な作業が多かったり、専門的な知識が必要となる部分が多くなっておりますので素人の方の場合にはとっても大変です。書類の不備であったり、記入した内容によっては事前申請よりも認定確率が低くなってしまう可能性があります。

最も後遺障害認定の可能性が高いのは、交通事故を得意としている弁護士に一任してしまう方法になります。どのように書類を作成したら後遺障害の認定確率が高くなるのかを熟知している弁護士に依頼する事によって、後遺障害に認定される確率は非常に高くなりますし、専門的な知識を調べたり、面倒な書類集めや書類作成などの業務から手を引く事ができますので、費用対効果が高くなっております。

関連HP〔交通事故被害者救済サイト